いろいろなお酒の熟成例

ペットボトル(2.7L)入りのキリン「楽」、甲類(25度)

ミニ樽 1Lサイズを使用
ジョウゴを使って焼酎を注ぎ込みます。
ミニ樽は焼酎との相性がとても良い。
見事なハーモニーの下、琥珀色の焼酎を生み出してくれるでしょう。

画像はミニ樽に仕込んでから10日後のもの。
すでに色が付いていて、確かなオークの香りもします。
樽が新しいのでこんな短期間でも色と香りが付いたようです。
オンザロックで飲むとペットボトルの焼酎とは全く別物に生まれ変わっています。
20日後の画像です。
かなり色と香りが付いたのでガラス瓶に移しました。
元のペットボトル入りの焼酎とは全く別物に変化しています。
ミニ樽は徐々に緩やかな熟成をするようになります。
それに伴い、味もまろやかになっていきます。

いろいろなお酒の熟成例

「サントリーRED」
ウイスキー
アルコール39度
 
「こくいも」
いも焼酎
アルコール25度
 
「島唄」
泡盛
アルコール25度
「れんと」
黒糖焼酎
アルコール25度
「RONRIGO」
ラム酒
アルコール40度
「いいちこ」麦焼酎
アルコール20度
「SMIROFF」
ウォッカ
アルコール40度
「OLMECA」
テキーラ
アルコール40度
「果実酒の季節」
ホワイト・リカー
アルコール35度
「COLDSTREAM」
ジン
アルコール40度
「よかいち」
米焼酎
アルコール25度